コスメマニアの独り言ぶろぐ

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、

毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、表皮や真皮といった皮膚を構成するすべての組織、細胞のひとつひとつに酸素と栄養を届ける大事な通り道であり、逆に細胞から排出される老廃物を排出するパイプにもなっています。



タバコを吸うと、化学物質の作用であらゆる毛細血管が収縮します。
そのため、毛細血管の末端はつまってしまい、栄養や酸素が通れなくなって肌の細胞は酸欠になります。
酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。
表皮に守られているべき真皮も、ダメージを受けて弱り、そのはたらきを弱めます。



このようにして肌は張りや弾力を失ってしまい、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。肌のことを考えるのなら、ぜひとも禁煙する方が良いのです。お肌が荒れているときのお手入れのやり方のポイントは、顔を洗うことと肌をしっとり指せることの二つです。



洗顔に関する注意点ですが、とにかく肌をゴシゴシしないようにして顔を洗うようにして頂戴。


顔をちゃんと濡らしてから、たっぷり泡立った洗顔料をのせて、泡を使用して洗うようにします。


洗顔料がついたままにならないように、きちんとすすぐことも大切です。

キメの細かいみずみずしい肌といえば憧れの的ですが、このキメというのは肌の上に見られる皮溝という細い溝のようになった線と、皮溝が区切る皮丘という部位で造られた模様のことを指します。

キメが整っている肌をみると皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。
でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥し、荒れると、皮丘は形を崩し、キメは粗くなります。
表皮の荒れを放置しておくと、表皮のもつバリアの機能もどんどん低下しますから、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。


傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。かつて一世を風靡したガングロが再度、ブームになり沿うな兆しが見られます。一種の主張としてなじんできたのかもしれませんが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。大丈夫という人もいるかもしれませんが、やはりガングロ卒業後には普通よりも数多くのシミが目立つようです。

加齢と供に、お肌のシミが目立ってきた気がしませんか。とは言っても、同じシミでも形やどこにできたかによって、数種の分類がありますから、症状に適した薬を、ネットで検索したり、皮膚科へ行ってみるのもいいでしょう。でも、シミの全部が薬で治療できるわけではないので、扱いのむつかしいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、レーザー治療を施すことも一案として、頭に入れるといいと思います。


基礎化粧品使う順位は人間それぞれだと思います。

わたくしは普段、化粧水、美容液、乳液の順序で使いますが、真っ先に美容液を使用するという御仁もいます。

どの方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)が最良私のお肌に合っているお手入れ方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)なのかは実際にテストしてみないと理解できないのではないでしょうか。

肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。

腕の内側と手の甲をくらべてみると差は歴然でしょう。きめ細かい肌では皮膚表面の模様がものすごく小さいですが、乾燥や紫外線などのストレスを多くうけた皮膚は模様(きめ)が乱れてきたり、角質層が厚くなって硬いような印象になります。表皮は短いサイクルで再生を繰り返していますが、それが損なわれているので、真皮へのダメージは不可避です。真皮のリフトアップ能力が低下した状態が「ゆるみ」となり、フェイスラインがくずれ、しわになるでしょう。


沿うなる前のケアが大事でしょう。



数多くのシミが肌にあると、どうしても実年齢より老けて見られがちですよね。
加齢が進むにつれて、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、常日頃から日焼けには注意しなくてはなりません。

基本的な日焼け止めや帽子で紫外線をカットし、また、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、どんどん摂るようにして頂戴。元々にきびは皮膚により毛穴が目詰まりを起こして、炎症が出ていることをさしています。乾燥肌の人の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることがないように思われますが、実際は異なります。皮脂の分泌が異常に少ないと肌は乾燥することを防ぐために皮脂を大量に分泌します。その結果として、毛穴に目詰まりが発生してしまってニキビができるというケースが少なくありません。
シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、日光をあびることによりできてしまうことが多いですが、時には病気がきっかけとなる場合もあります。


たとえば、急に顔のシミが多いと感じるようなら、疾患が起こる前触れであったり、また、病気が進んでいる状態かもしれませんから、早急にクリニックで現状を伝えて頂戴。

Copyright (C) 2014 コスメマニアの独り言ぶろぐ All Rights Reserved.